どろあわわ 気になる成分とは?

どろあわわ 気になる成分とは?

「どろあわわ」というネーミングの通り、泥(クレイ)が入っているのはなんとなくわかるかと思います。

 

泥しか入ってない、なんて思っていませんか?ふんわりと柔らかいお肌への洗いあがり、それにはクレイ以外にも隠された成分が入っているんですよ。

 

ここではどろあわわの成分についての詳しい情報を載せていきます!

 

どろあわわのクレイ ここがスゴイ!

どろあわわのクレイ ここがスゴイ!

大きく分けると、クレイとその他の保湿系の美容成分が使われています。

 

クレイの効果に関してはこちらで詳しくお話しています。

 

クレイの特殊能力とは?

 

クレイが汚れを取るメカニズム

どろあわわで使われているマリンシルト(クチャ)とベントナイトというクレイの粒子はマイナスイオンを帯びています。

 

磁石のSとNのようにマイナスイオンもプラスのイオンをくっつこうとうする性質を持っています。

 

実は肌の汚れや皮脂汚れなどはプラスイオンを帯びているので、マイナスイオンをもつクレイがこうした汚れを吸着してくれるというわけなんです。

 

汚れを取るだけじゃない!うるおいを与えてくれる働きも

その中でもベントナイト(主成分モンモリロナイト)はプラスイオンの汚れを自らにくっつける際に、もともと持っていたミネラル成分がうるおい・美容成分を引き換えにお肌に残していく「イオン交換」という性質も持っているんです。

 

つまり、汚れはきちんと負担なく落として、お肌にうれしい成分を与えてくれるという、洗顔にぴったりな働きを持っている成分といえるわけなんです。

 

新しく加わったタナクラクレイのここがスゴイ!

どろあわわのクレイ

以前のものはベントナイトと海シルト(クチャ)という2つのクレイが配合されていたのですが、新しいものにはもうひとつ「国産のタナクラクレイ」が加わったんです!

 

タナクラクレイというのは福島県東白川郡棚倉町で採掘されたミロネクトン(太古の海泥)を指します。

 

クレイ好きの私も初めて聞いたタナクラクレイですが、ミネラルの多さなどからある種のエビ(ビーシュリンプという鑑賞用のエビ)を飼育している人達の間では有名な存在だったみたいです。

 

なんでも水槽内のお水のミネラルがよくなる、水質が安定するなどの効果があるんだとか。

 

そんなタナクラクレイ、お肌にどうよいかというと・・・

 

タナクラクレイの特徴

  • 粒子に開いている穴の数は備長炭の数十倍あるので吸着力がスゴイ!
  • ヨーロッパ産にくらべて天然のミネラルの数が多い!

 

より毛穴の汚れや皮脂、老廃物を取り除く力がアップするだけでなく、ミネラルの種類も豊富なので美容効果もアップ!これは期待できそう!

 

ミロネクトンはヨーロッパでも採れるのですが、その中でもタナクラクレイは海外のものよりもミネラルの種類や量が豊富で、とても注目されているクレイなのです。

 

>> どろあわわ 公式サイトへ

 

どろあわわに配合されているタナクラクレイの安全性について

どろあわわに配合されているタナクラクレイの安全性について

最初に調べた時は「海泥」とあったので、てっきり海の底から取ってきているクレイなのかと思っていましたが、現在は陸地、大昔は海だった地層から採れる太古の海泥でした。

 

吸着力もあってミネラルも豊富で、海外からも注目の高いクレイなのですが、1点気になることがあるんです。

 

タナクラクレイは福島で採掘されているクレイ

それは採掘場所。

 

福島県で採掘されているということで、震災の事故の影響はないのかという点が気になります。

 

実はタナクラクレイは色んなコスメで使われているのですが、ブランドによっては「震災前に採掘した原材料をストックしてあります」や「放射性物質などの検査をしています」といった内容が書いてあるんです。

 

どろあわわはホームページなど採掘場所や検査についてほとんどアナウンスされていないので余計に気になる!

タナクラクレイの安全性について、電話で質問!

タナクラクレイの安全性について、電話で質問!

というわけで、私が電話で質問してきました!

 

ちなみに、最初に対応していただいたオペレーターさんでは即答していただけず、別途折り返しで連絡をいただきました。

 

私:どろあわわで使用しているタナクラクレイは福島の棚倉町でとれたものですか?
答:その通りです。

 

私:震災前に採掘されたものを使用しているのでしょうか?
答:その件に関しては不明です。

 

私:震災後採掘されたタナクラクレイの放射線量の検査などは行っていますか?
答:原材料をロット毎に放射能検査を行っており、問題のない数値であることを確認して使用しています。

 

検査済みのタナクラクレイを使用しているということで、安全面は問題なさそうでうね。

 

これで安心して使えます!

 

どろあわわ その他の美容成分とは?

どろあわわ その他の美容成分とは?

クレイに関してはおわかりいただけましたか?ここからはその他の美容成分について調べていきましょう!

 

米麹エキスや米ぬか発酵エキスが新たに配合され、そのほかにも海洋性コラーゲン、ヒアルロン酸、豆乳発酵液、黒砂糖エキス、そして国産の真珠液が使われています。

 

なんとなく良さそうだけど、実際どんな働きがあるのかまでは普通分かりませんよね。

 

でも私は調べてみました(笑)

米麹エキスや米ぬか発酵エキスのパワー

今回のリニューアルで注目されている新しいどろあわわのチカラが「肌をほぐす」という効果です。わかるような、わからないような(笑)

 

簡単にまとめると「肌にうるおいを柔らかくすることで、よりやさしく汚れや古い角質を落とすことができる」ということですね。

 

その為に新しく加わったのが米麹エキスや米ぬか発酵エキスなんですって。詳しい成分や働きについてはここでお話しています。

 

米麹エキスや米ぬか発酵エキスの働きとは

 

米麹エキスや米ぬか発酵エキスがお肌をほぐす理由とは

こちらも簡単にまとめると「潤い成分のアミノ酸がたっぷり配合」されていて、「お肌にやさしいピーリング効果」もある成分なんです。

 

米麹エキスをはじめ、最近では日本酒もお肌にとてもよい成分がたくさん入っているということが注目されています。(飲むだけでなく、塗るんです!)

 

どろあわわの美容成分

どろあわわもさっそく注目の成分を取り入れた、ということですね♪

 

その他の美容成分では水分をたっぷり保持できるヒアルロン酸やコラーゲン、お肌の酸化防止に役立つポリフェノールやイソフラボンを含んだ豆乳発酵液、保湿力の高い黒砂糖エキスが配合されています。

 

で、気になるのが「国産真珠液」。今回のリニューアルで加わった成分です。

真珠を肌に塗る?!

真珠って肌に塗れるの?液体になってるって意味が分からん・・・、と思ってこちらも調べてみました。

 

真珠液の正体は「加水分解コンキオリン」!でもやっぱりわかりません(笑)

加水分解コンキオリンって何?!

真珠貝や真珠そのものを粉末に加工したものからカルシウムを取り出したもの、らしいです。これがなぜお肌によいのかというと、潤い成分であるアミノ酸がたっぷり含まれているからなんです。

 

真珠メーカーのMIKIMOTOさんも、この成分を使用したコスメを作っていることが分かりました。どうやら、お肌にもともとある保湿成分(天然保湿因子)と構造が似ているんだとか。

 

これは期待できる成分です!

 

とはいえ、こちらも貝や真珠を粉末化したものということで、アレルギーの問題が気になるところです。

 

アレルギーを起こしやすいという情報は見当たりませんでしたが、貝類にアレルギー反応が出やすい方はちょっと注意が必要かもしれませんね。

まとめ

どろあわわは多くのクレイの中から3種を絶妙に組み合わせただけでなく、注目の美容成分をふんだんに使っています。

 

スキンケアではついつい化粧水や乳液といった保湿系のものに目が向きがちですが、お肌の汚れを落とす洗顔料もとても大事なんです。

 

汚れをおとしつつ、肌に必要なミネラルや美容成分、うるおいを残してくれる。

 

どろあわわはとてもバランスのよい洗顔料です。

 

どろあわわ 公式サイトへ

>>どろあわわ 公式サイトへ