どろあわわの泡立ちはどれ位良いの?

どろあわわの泡立ちはどれ位良いの?

どろあわわの売り文句のひとつが「泡立ちの良さ」です。

 

摩擦が起きるとお肌の表面の角質がはがれてしまったりしやすくなるので、泡立ちがよく泡の弾力だけで洗えるどろあわわは理想の洗顔料なんです。

 

「ピーリングとか、角質を落とすって聞くけど、あれはいいの?」そんな疑問があるひと、いるんじゃないでしょうか?

落としたいのは古い角質だけなんです!

そう、洗顔で落としたいのは「不要になった古い角質だけ」なんです。

 

肌はターンオーバーという細胞の生まれ変わりを繰り返して作られています。

 

不要になった細胞が肌の表面にどんどん押し出されいくつもの層(角質)になっていくのですが、本来落ちてほしい不要な角質が残ってしまうと肌荒れの原因になってしまいます。

 

そのため不要な角質はきちんと優しく落とさなくちゃなりません。

必要な角質がなくなるとお肌はどうなる?

古い角質を落とそうと、洗顔時にゴシゴシこすってしまうことで、本来残しておきたい角質も取れてしまうことがあります。

 

角質の層は外部からの乾燥などからお肌を守るバリアのような役割をもっているので、角質が不足するとバリア機能が低下してしまうというわけなのです。

 

潤いが保てなかったり、外部からの刺激に反応して炎症を起こしてしまったりしてしまう可能性があるので、お肌はやさしく洗わなくちゃいけないんですよ。

 

弾力のある泡で、お肌に負担をかけずに不要な汚れや角質が落とせるどろあわわは洗顔におすすめといえますよね。

 

>> どろあわわ 公式サイトへ

 

どろあわわとその他洗顔料 泡立ちの違いを実験!

どろあわわとその他洗顔料 泡立ちの違いを実験!

泡立ちだけなら他の洗顔料でもどろあわわにまけていないもの、たくさんあります。

 

というわけで、ここではどろあわわの泡立ちについて実験してみることにしました!

 

用意したのはこちら!

泡立ちテストをした商品

 

 

固形(Non-A)、粉末(ファンケル洗顔パウダー)、チューブタイプ(ルナメアAC)、どろあわわの4種の泡を比較してみましょう!

 

どれも泡立ちの良さを売りにしている洗顔料ばかりです。

固形石鹸の泡立ちは?

※動画を再生すると音声が流れますのでご注意ください

 

泡立ちの速さはトップクラスです!一気にモコモコと泡が立ちました!手からこぼれるほどの量。

 

ただ気になるのは泡の密度が薄く、軽い質の泡です。両手で挟んだり離したりする時の弾力感はイマイチ。泡がサッと離れてしまいます。泡切れはいいんですけどねー。

粉末石鹸の泡立ちは?

※動画を再生すると音声が流れますのでご注意ください

 

泡立てるのに一番コツがいる粉末タイプ。うまく水と混ぜて行かないと泡立つのに時間がかかります。

 

こちらも泡立ちは軽めで、弾力はイマイチ。若干泡がへたりやすい印象があります。洗い流した後はわりとしっとりめですね。泡のキメが少し大きめに感じます。

チューブタイプの泡立ちは?

※動画を再生すると音声が流れますのでご注意ください

 

こちらも比較的泡立ち良好です。モコモコ泡立って、手から落ちました(笑)

 

こちらは今までの2つと比べると弾力感があります。泡を挟んで伸ばした時の吸着力はもうちょっとほしいところ。泡のキメは細かい感じ。

どろあわわの泡立ちは?

※動画を再生すると音声が流れますのでご注意ください

 

かなり泡立ち良いですね。手からあふれて落ちるほど泡が作れました。キメ細かい泡がたっぷりです。

 

動画がうまくとれないんですが、やっぱり弾力ありますね!ぎゅっと泡を押してはなした時の、手のひら全体に泡が吸い付く感じはトップクラスです

 

どろあわわで洗顔中

泡を使って押し洗いするなら、これ位の弾力と吸着力が必要でしょう。

 

ちなみに実際の洗顔時はこんな風に泡だらけになれます(笑)どろあわわの泡って、顔にのばすとホンワカあったかく感じるんですよね。

 

あったかい成分が入っているわけではなく、泡の密度が濃くてたっぷり空気を含んだクリーム状になるので、空気の層を作ってるのかなー?と考えてます。ダウンジャケットみたいな感じ?

 

どろあわわ 公式サイトへ

>> どろあわわ 公式サイトへ

新しくなって適量がわかりやすくなりました

新しくなって適量がわかりやすくなりました

今回リニューアルしたどろあわわを使って気づいたのが、どろあわわの適量が分かりやすくなっていた、ということ。

 

どろあわわのパッケージ

このようにパッケージの裏面に実際の長さが描かれているので、使いすぎや少なすぎというミスが無くなります。

 

以前も2〜3pとは書かれていたんですが、実際の長さでみると結構ある!「こんなに使うの?!」と思いましたよ。

 

私は多分、1.5〜2pしか使ってなかったんでしょう。定期購入を続けると必ず使い切れなくなって余ってましたから(笑)

結局適量はいくつなの?

というわけでまたまた実験してみました。2pと3pでどう違うのか、確認してみましょー!今回は動画ではなく写真で許してください。

 

2pで泡立ててみました

どろあわわ2p出して泡立てたところ

これでも充分な量ですね。実際顔に使いきれるかどうかっていうくらいの量です。今回は泡を作って容器に移していきましたが、実際はずっと手のひらなので持ち切れないかもしれません。

 

3pで泡立ててみました

どろあわわ3p出したところ

3pってこんなもん。やっぱり多く感じます。毎回こんなに使ってたら、1ヵ月持たないんじゃない?

 

どろあわわ3p出して泡立てたところ

相当な泡の量です。容器が無かったら持ち切れないし、途中で落ちてしまう・・・。洗顔時もぼとぼと落ちちゃってもったいなかったです。

 

管理人の結論

普通の洗顔なら2pで充分!お風呂の時は3pで作るとデコルテまでたっぷり洗えておすすめです。

 

どろあわわ 公式サイトへ

>> どろあわわ 公式サイトへ