配合成分で選ばずに、自分に合った洗浄力のものを選びましょう。

女医さん

洗顔料には「うるおい成分」「ビタミンC」「美白成分」「保湿成分」など様々な成分を配合したものがあります。
肌に良さそうなもののように思えますが洗顔料はすぐに洗い流すものですよね。
大半の成分は一緒に流れてしまうので、肌にはほとんど残らないと考えてよいでしょう。

 

「洗い上がりしっとり」を売りにした洗顔料もありますが、油分を大量に含んでいるものが多いんです。
すすぎ後も油膜として肌に残るため、つっぱった感じがせずにしっとりしているように感じられます。
しかし油膜が肌に残っているとスキンケアで美容成分が肌に浸透しにくくなりますので、結果的にはスキンケアの妨げになっちゃうんですよ!

 

洗顔の目的は肌の皮脂汚れをしっかり落とすこと!
目安は洗い終わった後に指で肌を触ってキュッとするくらい。皮脂汚れが落ちた証拠です。


洗顔料は自分にあった洗浄力で選ぶ

洗顔料と一口で言っても様々な商品が出ています。

どれを使えばいいのか迷ってしまうという人も多いのでは?
ここでは洗顔料の主な形状と特徴を見てみます。

 

固形石鹸タイプ

昔ながらのシンプルな石けんは余分な成分を含まないので安心。
肌がつっぱり過ぎない適度な洗浄力のものを探してみましょう。
乾燥肌の人は、浴用の石けんより洗浄力が弱めの洗顔用の固形石けんがおすすめ。

 

クリームタイプ

肌にやさしいイメージがあるかもしれませんがクリームタイプは油分が多めの商品が多数
肌に油分が残る(洗い上がりしっとりとする)物は気をつけましょう。

 

リキッドタイプ

クリームタイプと同じように油分が多めです。洗浄力も弱めが多いようです。

 

泡タイプ

界面活性剤を含むものや泡を固めるための発泡剤を使用するなど、余分な成分が多く含まれるものが多いようです。
選ぶのが難しいタイプです。

 

パウダータイプ

洗浄力は弱めのものが多いのですが、酵素洗顔料などは洗浄力が強め。
自分に合うものを探すのは大変かもしれません。

洗顔料の泡は大事なポイント。肌をこすらないで泡で洗います。

洗顔のとき、お肌にトラブルを抱える人ほどこすってしまう傾向があるようです。しかしこれはNG!

洗顔時のこする刺激は肌荒れを招く原因になります。

 

こすり過ぎない洗顔を行うためにも大事なのは洗顔料で作る適度な泡です。
タップリの泡が手と肌の間でクッションの働きをすることで、刺激を与えることなく洗うことが出来るんですね。

 

あわ立てる時には最初に手をしっかり洗いましょう。
手に付いた油分が残っているとあわ立ちを邪魔してしまうんです。あわ立てネットがあればその上に洗顔料を置きぬるま湯を少しずつ加えながら、空気を含ませるようクシュクシュ泡立てましょう。

同じ洗顔料でつっぱる、つっぱらない?

同じ洗顔料を使用してもお肌がつっぱる人、つっぱらない人に分かれてしまいます。なぜでしょうか?
お肌がつっぱるとは肌の皮脂汚れが洗浄され、肌表面のかすかな油分まで洗顔料が洗い流した状態。
ただしこれには個人差があります。

 

肌がオイリーな人は洗浄力が強めの洗顔料を使用しても、一度で全ての油分を洗い流すことはありません
一方乾燥肌の人はもともと肌に油分が少ないため、強めの洗顔料を使用するとたちまち油分がなくなってしまうわけです。
その結果洗顔後に肌がパリッパリにつっぱってしまうんです。

 

洗顔は皮脂汚れを落とし、化粧水や美容液に含まれる美容成分が浸透しやすいお肌の土台作り。
つまり洗顔料に潤いや保湿は本来必要が無いものなんですよ。

 

シンプルに皮脂汚れをしっかりと落とし、つっぱり過ぎない適度な洗浄力のものを選ぶようにしましょうね。

 

公式サイトへ